貧しさ故に殺人を犯した青年の魂の救済されるまでを描いた、あまりにも有名なドストエフスキーの長編小説。哲学書であり、ミステリーであり、恋愛小説でもある。まんが化で超一級のエンターテイメントに仕上がりました。

オススメ シーン1
俺には悪魔が味方する!

画像: オススメ シーン1 俺には悪魔が味方する!

青年は殺人計画を立てた。いつでもやめること、引き返すことができた。だが、すべての歯車は、彼に計画を決行させるかのように回り続ける。静かに。重く。

オススメ シーン2
最大の敵は”良心”だった

画像: オススメ シーン2 最大の敵は”良心”だった

完璧な計画であった。死ななければならないものが死に、若者は欲しかったもの”金”を手に入れた。だが、それを使うことができない。理屈は間違っていない。だが苦しい。生きていけない。彼を責め苛んだのは彼の”良心”であった。

オススメ シーン3
聖女の救い

画像1: オススメ シーン3 聖女の救い

家計を救うために娼婦に身を落とした女性・ソーニャ。彼女は魂の正しさから、清く美しくあり続ける。彼の前に現れ。彼を導く。神の示すとおり。正しい道へと。

試し読みはこちらから!

画像2: オススメ シーン3 聖女の救い

This article is a sponsored article by
''.