すべては正義感から始まったーーー。敏腕の刑事弁護人ロベスピエール。貧しいがゆえに盗みに手を染めたもの。無実の罪をきせられても抗弁できない弱き者。見事な弁舌で、それら数多くの被告人を救い”貧者の弁護人”として評判を得ていた。社会の矛盾を正すため、弱者、貧者を救うため、熱狂する人の群れを操る彼が革命の末に見た風景はどのようなものだったか?

オススメ シーン1
弱者の死を見て、革命家は決意した

画像: オススメ シーン1 弱者の死を見て、革命家は決意した

「虐げられた人々を守りたい」。弁護士ロベスピエールは決意した。言い切ること。繰り返すこと。共通の思いを感染させること。彼の武器は群衆を動かすすべを知っていることだ。

オススメ シーン2
革命は成功した。多くの血を流すことによって

画像: オススメ シーン2 革命は成功した。多くの血を流すことによって

革命は成功する。富を不当に収奪していた王侯貴族の首をとった。群衆よこれで満足か!?

オススメ シーン3
権力の維持に、最も有効なのは”恐怖”だ!

画像: オススメ シーン3 権力の維持に、最も有効なのは”恐怖”だ!

革命は成功し、ロベスピエールは権力を手中にした。世界を引き続き浄化しなくてはならない。正義のために。そのために使う道具は”恐怖”だ。

オススメ シーン4
真の強者は「群衆」なのか!?

画像: オススメ シーン4 真の強者は「群衆」なのか!?

群衆は熱狂する。為政者を血祭りにあげる新しい祭りを求めて。次なる生贄を求めてーーーー。世界を支配するのは理性ではない。”熱狂”なのだ。

This article is a sponsored article by
''.